スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告 |


ファンホ・ドミンゲス

アルゼンチンのタンゴギタリスト、ファンホ・ドミンゲスの公演「プレイズ・アストル・ピアソラ」を草月ホールで観てきました。意外なことにエレガットを弾いていて、音響が悪かったのは残念でしたが、演奏そのものは素晴らしいものでした。

超絶技巧といえば陳腐な表現になるけれども、ともかく弾丸のような爪弾き、速弾きです。そうかと思えば、スローな曲ではエモーショナルなフレーズを手を替え品を替え繰り出す。歌伴も上手です。今回のツアーには、マリア・ホセ・メンターナという女性歌手がゲストで参加していて、ピアソラの「チキリン・デ・バチン」をはじめ、アンコールの「ラ・クンパルシータ」など4曲を情感込めて歌い、花を添えていました。彼女だけ衣装替えが2度もあり、ステージにのぞむプロの気概を感じました。

お客さんの年齢層は高めで、ファンホのファンだけでなく、ピアソラのファンも多くいたようでした。終演後、ロビーでCDを買った人向けにサイン会があり、便乗して握手してもらっちゃいました。まだ汗も引かないうちの登場で、ファンサービスもしっかり。

それにしても先月のカエターノといい、いながらにして地球の裏側の良質な音楽に出会えるなんて、日本人は幸せです。

スポンサーサイト

2005/06/17(Fri)
ライヴ - その他の音楽 | trackback(0) | comment(0) |


申込金を振り込む

申込金(手付金)*万円をアーキネットに振り込む。書類を忘れて出社してしまったため、Kさんに電話して振込先を尋ねる。

これ以降は、自己都合でプロジェクトへの参加を取り消すと*万円は返ってこない。返ってくるのは、「申込人の責めに帰すことのできない事由により建設組合の発足に至らない場合、もしくは金融機関の事前審査で申込人への融資が承認されなwい場合」だけ。いわゆる「ルビコン川を渡った」ということになる。

今日は雨。家が建ち、雨が降る日はどんなだろう、などと想像してみるが、あまりうまくいかない。ベランダがなく、屋上テラスに洗濯物を干すことになりそうだから、雨が降り出したら洗濯物を取り込むのが大変だ。それと、もし冬に雪が降って路面が凍結したら、環状4号線まで下るのが大変だろうな。

2005/06/15(Wed)
コーポラティブハウス | trackback(0) | comment(0) |


参加申込書を送信

申込書と確認書をファクスする。前日、母に連絡して、用意できる金額を確認したのだが、「参加申込書」の「取得資金内訳表」という箇所に書き込む方法がよくわからなかった。アーキネットKさんに電話したところ、組合設立時に用意する出資金が多いほど、組合のキャッシュフローが安定するとのことだったので、出資金*万円、残余(残代)金*万円、金融機関借入*万円と記入してファクス。

母から電話。S台団地売却のための無料査定をお願いしようと思うという。しかし、これから先、入居まで2年はかかると説明すると、ちょっとがっかりした様子。コーポラティブハウスという家の建て方について、ちょっと説明を端折りすぎたかな。

さて、申込書も送付したことだし、これで後戻りできない(まだできる?)ことになっています。あらためて地図を開くと、やっぱり東京からは遠いや。

続ク

2005/06/13(Mon)
コーポラティブハウス | trackback(0) | comment(0) |


トップへ

プロフィール

Woo

最近の記事
カテゴリー
シンプルアーカイブ
ブログ内検索
Twitter

QRコード

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。