スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告 |


エリアフ・インバル@渋谷タワーレコード

2009年3月29日(日)18:00
マーラー:交響曲第8番のCD発売記念
インストア・イベント&サイン会
エリアフ・インバル
聞き手 山之内正
渋谷タワーレコード


14時からサントリーホールでインバル;都響のラフマニノフ(ピアノ 田村響)とチャイコフスキー5をきいたあと、場所を変えてのイベント。昨年4月にきいた都響のプログラムがCDになって、その記念。

笑顔がチャーミングな人。ステージでは表情までわからないから、今日はイベントスペースの最前列で謦咳に接することができてよかった。

インバルの口からも目下の経済状勢についてのコメントが出て、少し驚いた。「マーラーの音楽の中を探せば答えが見つかる」というあたりに、アーティストとして取りうる精一杯のポジティブな姿勢をみることができると思う。

(以下、ドイツ語の通訳を聞き書きしたもので、文章にはあえて磨きをかけていない。数字や引用の裏を取ることもしていない。)



山之内)都響を指揮してマーラーの第8番を演奏したのは、もう1年近く前になるのですね。マーラーの8番を指揮するというのはどういうものですか。

インバル)それは普通(ノーマル)ではない体験ですね。この曲にはまず、たくさんのアーティストが必要です。500~600人というたくさんの人が関わる。マーラーが指揮していた頃は、子どもの合唱だけで270人いたそうです。今は、合唱で180名、子どもが80名、その他にソロ。実際に私が演奏した時は550名。千人の交響曲と言いながら、千人ではなくて申し訳ないです(笑)。

マーラーは、これまでに存在した作曲家の中で、最も偉大な人のひとりです。今日、私はチャイコフスキーの曲を演奏しました。チャイコフスキーも偉大な作曲家で、苦悩、愛、悲嘆を音楽で描きました。これはマーラーの音楽にも似ています。しかし、チャイコフスキーの音楽は、愛にせよ希望にせよ悩みにせよ、彼個人のものでした。

マーラーは違います。人間すべて。コスモスを感じさせるものです。マーラーの苦悩は、人間すべての苦悩です。不安は、全人類の不安なのです。マーラーの音楽で愛を感じる。それは、100乗の愛です。

マーラーの音楽にはよく自然が出てきます。しかし、たとえば小川(Bach)はそこを流れる特定の小川というものではなく、人間界における自然を表しているのです。

マーラー自身、交響曲第8番について言いました。宇宙や星が鳴りはじめると。彼の尺度は、宇宙に至るのです。

山之内)来年、第8番が初演されて100年になります。マーラーの描いた理想、世界観は今も生きているのでしょうか。

インバル)はい。マーラーの音楽はモダンです。現代でも生きています。彼は現代の作曲家の中でも最もすばらしい人です。マーラーの不安、希望、宗教的な観念、愛……は、現代の私たちにも通じます。若い人たちにも通じると思います。今の経済の状況下で、何かを探そうとする人にとって答えが見つかるはずです。

20~30年前、マーラーは流行の音楽と言われました。でも、実際にはそうではなかった。マーラーは、今でも世界が必要とする音楽家なのです。ある人が言いました。「マーラーは、数年後に戻ってくる神である」と。

山之内)マエストロにとって、マーラーの第8番とはどんなものなのですか。

インバル)8番は、その他と比べて唯一、「そこにある」ものですね。他の交響曲にはない。第1部は宇宙観。第2部は哲学的。これは、ゲーテの詩も影響していると思います。そして、最後。本当に信じられないフィナーレです。すばらしい。ここは救済を描いています。ここを演奏すると、もう何も語ることがなくなります。

同意していただけるかわかりませんが、作曲家には2つのタイプがあると思う。ひとつは、アブストラクトで客観的な人。ブルックナー、ベートーヴェン、モーツァルト、ハイドンなどがそうです。それに対し、自分の人生を書く作曲家。ロマン派と呼ばれる人ではベルリオーズが最初だったと思います。そのあと、チャイコフスキー、ショスタコーヴィチがそうです。ストラヴィンスキーは客観的な人ですね。

客観的だからといっても、作曲家は悩みを感じ取っていないわけではない。それを一段上の哲学的なレベルまで高めている。マーラーは、主観を大切にした人でした。だけれども、尺度、規模、宇宙的な広がりにおいて、個人の悩みを通り越して客観性を獲得しているのだと思います。8番はアブストラクトな交響曲。9番になると、またパーソナルに戻るのですがね。

今、第8番の初演から来年で100年になることを思い出させていただきました。来年やればよかったですね。記念の年が来るまで、また50年待たないといけませんね(笑)。

山之内)オーケストラ、都響についてうかがいます。都響とはどういう音楽を作っていきたいか。どんなサウンドを期待しているか。

インバル)昨年プリンシパルコンダクターに就任して、ブルックナーとマーラーをやりました。ベルリオーズやショスタコーヴィチもやりました。今回、ラヴェルの音楽を取り上げて、オーケストラがフランスの音楽をやれるように厳しくリハーサルをしました。ですからメンバーのみなさんは怒っていらっしゃるかもしれませんが、結果的にすばらしいものが出てきました。今回はベートーヴェンもやりますし、ラヴェル(フランスの音楽ですね)、チャイコフスキーとラフマニノフといったスラブの音楽も取り上げます。いろんな音楽をやっていきたいですね。

他のオーケストラでもそうなんですが、私が行くと、オーケストラが私の音に変わってくれるんです。私の思いを感じてくれるのでしょうか。都響とは8年のブランクがありましたから、それは簡単なことではないと思いますが。フレージングとか全体の響きとか、特にこのところはすばらしくなったと思います。弦楽器も、管楽器も。

山之内)インバルさんと言えば、フランクフルト放送響との全集があって、私たちが愛した録音なのですが、インバルさんがやる今のマーラーをききたいと思います。今回の第8番をリリースしたExtonとの共同作業で期待することがありましたら。

インバル)またこれからもマーラーをはじめ、その他の作品を録音していくつもりです。音楽は時代の精神(Geisterzeit)をあらわしているのです。今日の精神をあらわす音楽があるはずです。

私の音楽のやり方は、きちっと計画するより、その瞬間瞬間を大切にするのです。録音もそのたびに演奏が変わります。今後ももっとよくなっていけるようにしたいと思いますし、もちろんホールでの演奏ももっとやりたい。オーケストラのみなさんも、そのたびごとに違います。経済の影響も当然受けていますし、天気の影響だって受けます。音楽は生きているものなのです。

山之内)マエストロが都響のプリンシパルコンダクターに就任されたことで、東京はマーラーが演奏されることにかけて世界でも有数の街になったのではないかと思います。どうもありがとうございました。

スポンサーサイト

2009/03/29(Sun)
ライヴ - クラシック | trackback(0) | comment(0) |


インバル;都響、田村@サントリーホール

photo_20090329-2.jpg

2009年3月29日(日)14:00
東京都交響楽団
プロムナードコンサート No. 332
指揮 エリアフ・インパル
ピアノ 田村響*
コンサートマスター 山本友重
サントリーホール

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18*(11'45"/12'22"/11'52)
~ソリスト アンコール~
メンデルスゾーン:無言歌集より「甘い思い出」*
チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 作品64(15'05"/11'58"/6'28"/11'25")


(あとでエントリー予定)

2009/03/29(Sun)
ライヴ - クラシック | trackback(0) | comment(0) |


渋谷毅 Essential Ellington + Hideko Shimizu@新宿PIT INN

photo20090328-2.jpg

2009年3月28日(土)20:00
渋谷毅 Essential Ellington + Hideko Shimizu
「SONGS」CD発売記念
渋谷 毅(p)峰 厚介(ts)松風紘一(fl, cl, as, bs)関島岳郎(tuba)
ゲスト 外山明(ds)清水秀子(vo*)
新宿PIT INN


(あとでエントリー予定)

1. East St. Louis Toodle-O
2. Black Beauty
3. Just A-Sittin' and A-Rockin'
4. I Let a Song Go Out of My Heart*
5. Prelude to a Kiss*
6. I'm Beginning to See the Light*
7. Do Nothin' Till You Hear from Me*
8. It Don't Mean a Thing (If You Ain't Got that Swing)*
~休憩~
9. Mighty Like the Blues
10. Don't You Know I Care
11. Passion Flower
12. Mood Indigo
13. Everything but You*
14. Jump for Joy*
15. Caravan*
16. Love You Madly*
17. Sophisticated Lady*
18. Take the "A" Train*
19. Come Sunday*

2009/03/28(Sat)
ライヴ - ジャズ | trackback(0) | comment(0) |


por quilo@アケタの店

photo_20090327.jpg

2009年3月27日(金)20:00
ポルキロ
さがゆき(vo)マツモニカ(harm)小畑和彦(g)渋谷毅(p)
アケタの店


ええ曲ばっかの、エッセンシャル・トム・ジョビン。美しくてそれぞれが個性的な曲。とてもひとりの人が書いたとは思えない。

今晩、そこはしかし西荻。ブラジル~ボサノヴァという文脈から少し離れ、手練れたちがやる演奏の素材になって、でも、口に含んで鼻に抜ければやはりジョビンの香り。この類い稀な美しい楽曲たちが、世界のいろいろな町で人々の心にさざ波を立て、あるいは時には人生を変えたりしている。音楽の花粉はこうして受け継がれていくのだな。

一度にこれだけたくさんジョビンの曲をきく機会は、ありそうでないから、きいていて益体なくもそのようなことを考えた。

さがゆきさん。先月の新宿あ・うんの時も、そうだった。幸福を招き入れる磁力のようなものがある(磁力には向きもあろうが)。12を「リストのような」と紹介していたのは、どういう意味でだったろう。きけばよかったな。帰り際、階段下で電話中のところ、握手の手を差し伸べてくれた。ありがとうございました。

マツモニカ。時に艶やかに、時にくぐもって、曲によって音色を見事に使い分ける。ハーモニカという楽器は深いのだな。10のソロは、私にとって今晩のハイライト。ギターソロを指ふたつ鳴らして引き継いで、山あり谷ありの一編のドラマをみせてくれた。前にみたのはベト・カレッティのステージにゲストで出た時。そう話したら、思い出してもらえた。あの時のブラジルの水彩画もすばらしかった。

ギターの小畑和彦さん。初めてきくが、大変な芸達者。ギターの腕前もさることながら、歌のバックでやる「アー」とか「パッパー」という低音のコーラス(おそらくジョビンの声帯模写)がすばらしく、降りてきてる効果があった。ライヴのスケジュールをチェックしたら、来月21日、27日に松田美緒と共演とある。なんとまあ、また不思議なつながりが。

渋谷さん。2でさがさんの歌につけた伴奏は、硬くて光るものがパラパラと飛び散るようだった。8のソロは、深夜のソロできくのと同じような響きがあって、前面に出てくるのではないにしても、いちばん冒険していたのが実は渋谷さんだったのではないかという印象をもった。


1. Este Seu Olhar (Tom Jobim)
2. Corcovado (Tom Jobim)
3. Vivo Sonhando (Tom Jobim)
4. Falando de Amor (Tom Jobim)
5. Desafinado (Tom Jobim, Newton Mendoca)
6. Samba em Preludio (Baden Powell, Vinicius de Moraes)
7. Batucada Surgiu (Marcos Valle)
~休憩~
8. Se Todos Fossem Iguais A Voce (Tom Jobim, Vinicius de Moraes)
9. Chega de Saudade (Tom Jobim, Vinicius de Moraes)
10. Inutil Paisagem (Tom Jobim, Aloiso de Oliveira)
11. Samba do Aviao (Tom Jobim, Vinicius de Moraes)
12. Estrada Branca (Tom Jobim, Vinicius de Moraes)
13. Doralice (Tom Jobim, Dorival Caymmi)
14. Vou te Contar (Wave) (Tom Jobim)
15. Travessia (Milton Nascimento)
~アンコール~
16. Garota de Ipanema (Tom Jobim, Vinicius de Moraes)

2009/03/28(Sat)
ライヴ - ブラジル&周辺 | trackback(0) | comment(0) |


スクロヴァチェフスキ;読響@東京芸術劇場

20090321

2009年3月21日(土)18:00
第159回東京芸術劇場名曲シリーズ
読売日本交響楽団
指揮 スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ
コンサートマスター デイヴィッド・ノーラン
東京芸術劇場 大ホール 2階F列49番

チャイコフスキー:弦楽セレナーデ ハ長調 作品48(9'20"/3'44"/8'33"/7'07")
ストラヴィンスキー:管楽器のシンフォニー(ドビュッシーの思い出に)(8'56")
ブラームス:交響曲第4番 ホ短調 作品98(12'45"/11'21"/6'05"/10'26")


指揮者の指示をコンサートマスターが拒んだ。異例のことではないだろうか。

ブラームスを終え、スクロヴァチェフスキが嵐のような拍手に呼ばれてステージに戻ってきた。その三度めだったか、彼が楽員たちに、みんな立ち上がって拍手に応えるよう促したとき。

コンサートマスターが座ったまま動かない。彼が動かないから、他の楽員たちも動かない。コンマスが指揮者に言った(気がする)。

「この拍手は、私たちにではなくあなたに向けられているのです。どうぞひとりで存分に称賛を受けてください」

指揮者とオーケストラの信頼関係は、こういうものか。

何度も何度もきいているブラームスの4番が、ときおり初めてきくような響きをする。弦をしっかり鳴らしながら、木管と金管の扱いに細心の注意が払われる。いろいろ手元にメモしたけれど、細かく書くとあの時の鳥肌が薄まりそうだから書かない。「本当によかった」「こんなブラームスはめったにきけない」。芸術劇場の長いエレベーターを降りながらきいた、あの場を共有した人たちの声が、なんだか嬉しい。

今日のプログラムは最初、弦楽器だけのチャイコフスキー。続いて、管楽器だけのストラヴィンスキー。2曲をきいて音場にうまく耳を適応させることができた(ような気がする)。

こんなにいいのなら、もっと早くききにいけばよかった。スクロヴァチェフスキの読響常任指揮者の任期は来シーズンが最後。あとは、今年9月と来年3月の5プログラム全9公演。85歳。全部、行こう。

2009/03/21(Sat)
ライヴ - クラシック | trackback(0) | comment(0) |


渋谷毅ソロ@アケタの店

photo_aketa2.jpg

2009年3月14日(土)24:00
渋谷毅(p)ソロ
アケタの店


アケタの店の深夜ソロ。先月に続き、二度め。

環八の渋滞で到着が遅れた。焦って階段を下りてみると、まだ演奏は始まっていなかった。渋谷さんが入口近くに座っていて、4月4日の「しぶやさんといっしょ」のチラシを手渡してくれた。かわいしのぶさんが描いたという絵がかわいい。鍵盤の線路に肘をついて目を閉じているのは渋谷さんか(酒のグラスが手元にあるし)。

バラードでキラキラと音を散らばしてみせたり、ブルースで粗い表現に傾くかのようで最後にきれいに着地するところ。初めてきいた先月と、受ける印象はあまり変わらない。力まず品よく、さりとて丸いわけでもなく。上手にうたうなあと思っているうち、本編16曲があっという間に終わってしまった。

終演後、友人が渋谷さんからききだしたお話が興味深かった。さがゆきさん、潮先郁男さんのこと、その他、いろいろ。

2009/03/14(Sat)
ライヴ - ジャズ | trackback(0) | comment(0) |


酒井俊@公園通りクラシックス

photo_0314.jpg

2009年3月14日(土)16:00
酒井俊(vo)
田中信正(p)
太田惠資(vn)
岡部洋一(per)
CD発売記念ライヴ第三夜
公園通りクラシックス


「歩き去る彼を見つめていた目は、グレーに塗りましょう」

8のMy Coloring Bookでうたったときの、目の力の強いこと。客席の後ろのほうに、まるで本当に歩き去る男がいるのではないかと感じたほどだ。

ここで感情移入が深まり、最後に"this is the man, the one I depended upon, color him gone"とうたわれるところで、突然涙がドバーと出た。どこかで泣くだろうと思っていたけれど、こういうところでオトされるとは。休憩に入っても隣りの友人にすぐには顔を向けることができず往生した。

昨日今日で合計5時間くらい演奏された音楽は、どういうジャンルの、だれに似ているということができない。酒井俊と田中信正、その仲間たちの音楽。

酒井の音楽について語ったり、CDできくのは、できるだけ少なくしておこう。ライヴできくのが一番。でも、知らない人にはすすめよう。こういう音楽は、もっとたくさんの人たちにきかれるべきだ。


1. Shenandoah
2. 黄金の花
3. かくれんぼの空
4. Angel Eyes
5. Alabama Song
6. Yes, We Have No Bananas!
7. I Shall Be Released
8. My Coloring Book
~休憩~
9. Shenandoah
10. 四丁目の犬
11. I Am You
12. 買物ブギ
13. The Way We Were
14. At Last I Am Free
15. Amazing Grace
16. Hallelujah
~アンコール~
17. ゴンドラの唄
18. 満月の夕
19. Love Me Tender

2009/03/14(Sat)
ライヴ - ジャズ | trackback(0) | comment(0) |


酒井俊@公園通りクラシックス

photo_Sakai.jpg

2009年3月13日(金)19:30
酒井俊(vo)
田中信正(p)
CD発売記念ライヴ第二夜
公園通りクラシックス


1のMy Wild Irish Roseは、ヴァースからうたいはじめられた。

だからしばらくどの曲とわからなかった。酒井はこの曲をとても愛おしそうにうたった。かわいく美しいバラが目の前に咲いているかのようだった。キース・ジャレットのピアノでいたく染みる名演があるけれど、歌入りできくのは初めて。かと思ったら、LP棚にあるMills Brothersのアルバムに収録されていた(写真)。この曲は今晩、アンコールでも繰り返された。

ヴァースから入るようなやり方は、その他の曲でも独特なかたちで引き継がれた。

2の「すかんぽの咲く頃~かんぴょう」は独白劇のようなものを思わせた。「尋常小学科~」とうたう歌が明るくて、でも「ドレミファソ」という楽しげなはずのフシは決して明るくなく、そのあとのピアノときたら敗色濃厚な戦況を描写するようで、このへん、落語の川柳川柳がやる戦況悪化と軍歌の移り変わりネタとかぶるよう。

さきおととい(3月10日)のニュースで、昭和20年の東京大空襲のことを取り上げていた。空襲当時、亡くなった人を埋めきれず、公園その他の「仮置場」に埋められ眠っている遺体が今でも多いのだそうだ。そこを64年後の今、忘れてはならじと探し当ててはカメラで写している若い女性がいる。

今日の歌で、戦後になってカンピョウその他の売り子をやっていたのは、たぶん、死んでしまった子ども。その夢。そんなふうにきこえた。

5の「四丁目の犬」も、歌詞とは別の独白で、野口雨情の描いた世界が誇張され、敷衍され、子どもの頃の妄想がどろどろと呼び起こされる。踏切を越えてまっすぐ行ったところにある洋館に、怖い犬が棲んでいる。同じような思い出がある。ろくろ首が出る家。幼い頃に何度もみた恐ろしい夢。この夢でおねしょ、したかなあ。

14の「Martha」。前置き部分で「煙草を買に出るように町を出て、40年帰らなかった男が電話をかける、Marthaに」。トム・ウェイツの3分の曲に、長編映画になってもよさそうなイントロを付け加えている。「ニュー・シネマ・パラダイス」のようでもあり、ピアノの田中はシューマンのトロイメライをさしこんだりしたので、そこで展開される音楽世界は、私にはもうすっかり夢か映画のようである。

明日、また16時より、渋谷で。

1. My Wild Irish Rose
2. すかんぽの咲く頃~かんぴょう
3.
4.
5. 四丁目の犬
6. 黒の舟唄
7. Yes, We Have No Bananas!
8. Just Like a Woman
~休憩~
9. 見上げてごらん夜の星を
10.
11. かくれんぼの空
12. ヨイトマケの唄
13. Takes Two to Tango
14. Martha
15. Amazing Grace
~アンコール~
16. My Wild Irish Rose
17. 満月の夕

2009/03/13(Fri)
ライヴ - ジャズ | trackback(0) | comment(0) |


トップへ

プロフィール

Woo

最近の記事
カテゴリー
シンプルアーカイブ
ブログ内検索
Twitter

QRコード

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。