スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告 |


大井浩明 シュトックハウゼン歿後5周年・初期クラヴィア曲集成

2012年1月29日(日)18:00
大井浩明 シュトックハウゼン歿後5周年・初期クラヴィア曲集成
(ピアノ)大井浩明
K. シュトックハウゼン:
クラヴィア曲第I〜IV番(1952)
クラヴィア曲第V〜VIII番(1954)
クラヴィア曲第IX番・第X番(1954〜1961)
クラヴィア曲第XI番(1956)
Hakuju Hall

【感想Tweet】
大井浩明、シュトックハウゼン。ピアノ曲IXとXがよかったなあ。IXは2009年にエマールのリサイタルで聴いたこと、忘れていた。今日のはあれよりテンポが緩めで叙情的だったかな。手を傷めないように手袋を着けた演奏(X)はモーゼとアロンでも拝見したことが。横綱相撲に恐れ入りました。

スポンサーサイト

2012/01/29(Sun)
ライヴ - クラシック | trackback(0) | comment(0) |


2011年度武満徹作曲賞本選演奏会

2012年1月20日(金)18:00
〈コンポージアム2011〉2011年度武満徹作曲賞本選演奏会(2011年5月29日より延期された)
(審査員)サルヴァトーレ・シャリーノ
(指揮)山田和樹
(管弦楽)東京フィルハーモニー交響楽団
[ファイナリスト(エントリー順)]
・ヤン・エリク・ミカルセン(ノルウェー):Parts II
・フローラン・モッチ=エティエンヌ(フランス):Flux et reflux
・ヒーラ・キム(韓国):NAMOK
・ベルント・リヒャルト・ドイチュ(オーストリア):subliminal
東京オペラシティコンサートホール

2012/01/20(Fri)
ライヴ - クラシック | trackback(0) | comment(0) |


サルヴァトーレ・シャリーノの音楽

2012年1月17日(火)19:00
〈コンポージアム2011〉サルヴァトーレ・シャリーノの音楽
(指揮)マルコ・アンジュス(1-4)
(フルート)マリオ・カローリ(2)
(カウンターテナー)彌勒忠史(4)
(パーカッション)安江佐和子(4)
(フルート四重奏)斎藤和志/大久保彩子/多久潤一朗/木ノ脇道元(4)
(サクソフォン四重奏)平野公崇/大石将紀/西本淳/田中拓也(4)
(フルート&サクソフォン)洗足学園音楽大学フルートオーケストラ&サクソフォンオーケストラ(4)
(管弦楽)東京フィルハーモニー交響楽団(1-3)

1. シャリーノ:オーケストラのための《子守歌》(1967)
2. シャリーノ:フルートとオーケストラのための《声による夜の書》(2009)
3. シャリーノ:電話の考古学-13楽器のためのコンチェルタンテ(2005)
4. シャリーノ:海の音調への練習曲-カウンターテナー、フルート四重奏、サクソフォン四重奏、パーカッション、100本のフルート、100本のサクソフォンによる(2000)
東京オペラシティコンサートホール


【感想Tweet】
シャリーノ。1から4の各曲、イビキとシワブキ、ランキとネイキ、アクビとヘヒリ、ウワゴトとカタコト、とでも書き取っておけば音楽の印象を記憶しておけそう。特殊奏法ショウケースの終曲は中でもサックス100本とフルート100本の一斉キークラップが笑撃。ラジオが録音していたようなので。

本日の裏番組、都響の現代音楽プログラムを聴けなかったのは残念。シャリーノの今公演も元は高関健さん指揮の予定だったから、震災で延期されても日程が1日でもずれていたら両方こなされたのか知らん?

2012/01/17(Tue)
ライヴ - クラシック | trackback(0) | comment(0) |


トップへ

プロフィール

Woo

最近の記事
カテゴリー
シンプルアーカイブ
ブログ内検索
Twitter

QRコード

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。