スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告 |


大友直人;東京交響楽団 ベートーヴェン:交響曲第9番 ほか

J. S. バッハ:カンタータ第12番「泣き、嘆き、憂い、おののき」BWV12より“シンフォニア”*
マルチェッロ:オーボエ協奏曲ハ短調*
ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調 作品125「合唱付き」
指揮 大友直人
オーボエ 若尾圭介*
ソプラノ 森麻季
メゾソプラノ 手嶋眞佐子
テノール 佐野成宏
バリトン 堀内康雄
合唱指揮 大谷研二
合唱 東響コーラス
管弦楽 東京交響楽団
ミューザ川崎シンフォニーホール

年末に「第九」を聴きに行くのは悪くないアイデアと思ったのだ。どの演奏にといって手がかりがないものだから、ソプラノの森麻季が出るという川崎での今日のにした。

手元のメモを逐一書き起こしても詮ない。オーケストラのことは書けばいろいろ。良い局面もあったが、総じてパッションが足りなかった。ミスも多かった(第1楽章の終わりの不揃いと、第3楽章のホルンの濁り)。第2楽章、わくわくさせてくれ、どこかへ連れて行ってくれるものと思っていた、のに(暮れの「お仕事」なのかなあ)。

素晴らしかったのはコーラス(200人超?)。4人の独唱陣。森の声は抜きん出ていた。しかし賛辞は合唱団に捧げられるべきである。ぞくっとする瞬間は何度もあった。観客には落ち度があった。「天使ケルビムは神の御前に立つ」の後で拍手が起こった。第4楽章、合唱団が立ち、ソロ歌手たちが立った時には、ゾワゾワっと来るものがあった。歓喜の調べのハチロクは弦にもっと推進力があってもよかった。終演後、200人の顔を見ながら拍手を送ってみた。届いていたか知らないが。川崎という町(街)は変わっていた。西口の東芝は影も形もなかった。

2007/12/16(Sun)
ライヴ - クラシック | trackback(0) | comment(0) |










ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://wooblog.blog13.fc2.com/tb.php/128-3e663429


トップへ

プロフィール

Woo

最近の記事
カテゴリー
シンプルアーカイブ
ブログ内検索
Twitter

QRコード

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。