スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告 |


インバル;都響 マーラー:交響曲第8番@東京文化会館

2008年4月28日
東京都交響楽団
エリアフ・インバル プリンシパル・コンダクター就任披露公演
第660回定期演奏会Aシリーズ
マーラー:交響曲第8番 変ホ長調 千人の交響曲
指揮 エリアフ・インバル
ソプラノ 澤畑恵美、大倉由紀枝、半田美和子
メゾソプラノ 竹本節子、手嶋眞佐子
テノール 福井敬
バリトン 河野克典
バス 成田眞
合唱 晋友会合唱団
児童合唱 NHK東京児童合唱団
東京文化会館

出て来、指揮台に上がったインバルは、譜面台から2本のバトンを手に取り、重さをたしかめるように代わる代わる小さく振った。長さ太さに目に見える違いはなかったから、何かの験かつぎだろうか。1本を選んで視線を上げ、それを振り下ろすと、弦とオルガンの低音、木管に導かれて、「あらわれたまえ、創造の主、聖霊よ!」のコーラス。続けてトランペット、トロンボーン、ティンパニが炸裂して、長い長い旅の始まり、始まり。

そんなふうに指揮者の挙動を観察できたのは、席が前のほうだったおかげ(1階7列4番)。音場的には難しい場所で、第1、第2ヴァイオリン群の正面。おまけにそれらが合唱団含む大編成に埋もれまじとハッスルするものだから、ほかのあらゆるものは弦のカーテンの合間からようやく漏れきこえるという仕儀だった。しかしどのような席であれ、この演奏会にいあわせた幸せが減るわけではない。

始まってすぐ、指揮者が曲を細部に至るまで把握し、確信をもってオーケストラを率いているのがわかった。たとえば練習番号24~25あたりのヴァイオリン(ピツィカート)への的確な指示の出し方。夏目漱石「夢十夜」*に登場する、仁王を彫る運慶のような(「なに、あれは眉や鼻を鑿で作るんじゃない。あの通りの眉や鼻が木の中に埋っているのを、鑿と槌の力で掘り出すまでだ。まるで土の中から石を掘り出す様なものだからけっして間違う筈はない」)。こういう指揮なら演奏者は安心してついていけるのだろうな。7月に第2番をききにいく悪名高い指揮者はどうだろう。

しっくりこないところもあった。217小節から始まる2度めの「Infirma, infirma」以降のテンポが速すぎる。楽譜の指定はNoch einmal so langsam als vorher (♪=♩) Nicht schleppend(再び、前と同様にとてもゆっくりと (ただし)引きずらないように)なので、ここはインバルならではの解釈だろうか。

曲を事前に勉強しているとき、手持ちの録音のうち、もっとも頻繁に参照したのはブーレーズ;シュターツカペレ・ベルリンのだった。スコアに忠実で、バイアスをかけない客観的な演奏。そのやり方がマーラーにふさわしいかどうかは別として、規模が大きくて長ったらしい曲を、私のような入門者が学ぶのに適していると思う。セッション録音で各声部のバランスがよいこともプラス。対照的に、たとえばバーンスタイン;ロンドン(去年出たSACD)のはテンポの揺れが激しく、縦の線が揃わないこともしばしばあり、スコアを見ながらきくと車酔いのような具合の悪いことになる。pの木管がきこえづらいところもある(1部の58~63)。こうしたことは、今回ちょっとした発見だった。

第2部219小節、法悦の教父「Ewiger Wonnebrand~」のソーソソソーラ♭ソーは、たった2つの音しかないメロディなのに、なんと美しいのだろう。この歌とオーケストレーションをきくと心身いっぱいに幸福感があふれる。今回のバリトンの人は、私の座席位置のせいもあってか、オーケストラに埋もれてしまい少し残念だった。独唱者でよかったのは、マリア崇拝の博士をうたったテノールの福井敬。サマリアの女をうたったメゾ・ソプラノの竹本節子。栄光の聖母を3階客席?でうたったソプラノ(半田美和子?)。

242小節、ヴァイオリンの2拍5連符。楽譜では5つの音すべてにアクセント記号がつき、さらに念入りにnicht eilen(急がないで)と指定がある。くだんの類型化とは矛盾するけれど、ブーレーズはここをやけにゆっくりやる。一方、バーンスタインは、アクセントの付け方が明確で、私にはいちばん楽譜に忠実にきこえる。さてインバルは、録音では拍子抜けするくらいあっさり通りすぎてしまう。急がないでというのに急いでいるようでもある。実演ではどうかしらと思いきいていたら、やはり、あっさりやってしまった。ここも疑問が残るといえば残るところ。

そういうディテールはあくまでディテール。総勢400内外の人間がひとつになってする演奏の迫力。それを統率する指揮者の集中力、推進力(isoliert postiert(離れた場所に配置された)と指定された3階席左右の金管群まで含む)。並大抵のものではない。これから何度このように気宇壮大な音楽をきけるか。


* ふと気づいて調べたら、マーラーが第8番を完成させたのが1907年。漱石が夢十夜を朝日新聞に連載したのは1908年。1年違いで生まれた同時代の作品だった。マーラーは1910年8月26日にフロイトに会っている。妻アルマのグロピウスとの浮気発覚直後。第8の初演は1910年9月12日。余裕があったらこのあたり、掘り下げて考えてみたい。

2008/04/28(Mon)
ライヴ - クラシック | trackback(0) | comment(0) |










ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://wooblog.blog13.fc2.com/tb.php/141-be76349f


トップへ

プロフィール

Woo

最近の記事
カテゴリー
シンプルアーカイブ
ブログ内検索
Twitter

QRコード

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。