スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告 |


井上道義;名古屋フィルハーモニー交響楽団  ショスタコーヴィチ:交響曲第11番、第12番

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番 ト短調 Op. 103
ショスタコーヴィチ:交響曲第12番 ニ短調 Op. 112
指揮 井上道義
管弦楽 名古屋フィルハーモニー交響楽団
ゲスト 映画監督 篠田正浩
日比谷公会堂

チクルス7日目。今日は初めて平日の公演で、調子が狂って思わぬ大失敗もしたが、演奏は大熱演でとても感動した。2曲はいずれも題材がロシア革命。12番の音名象徴には「スターリン告発」のメッセージが込められているという、プログラムノートのダヴィンチコードばりの指摘もあり。また後日加筆。

2007/12/05(Wed)
ライヴ - クラシック | trackback(0) | comment(0) |










ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://wooblog.blog13.fc2.com/tb.php/228-4271b250


トップへ

プロフィール

Woo

最近の記事
カテゴリー
シンプルアーカイブ
ブログ内検索
Twitter

QRコード

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。