スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告 |


イザベル・ファウスト、ジェイムズ・デプリースト;東京都交響楽団

2009年12月18日(金)19:00
東京都交響楽団
第691回定期演奏会Bシリーズ
指揮:ジェイムズ・デプリースト
ヴァイオリン:イザベル・ファウスト*
ソロ・コンサートマスター:矢部達哉
サントリーホール(2階C5列23番)

シューマン:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調*(14'41/5'57/10'29)
(イザベル・ファウスト アンコール)
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 ニ短調 BWV1004から第3楽章「サラバンド」*(3'08)
(休憩)
ブルックナー:交響曲第7番 ホ長調(ノーヴァク版)(21'34/22'42/9'19/12'23)


イザベル・ファウストのヴァイオリン。その聴き心地、体内に鳴り響く感じは、どこか日常の体験と二重写しになった。宵の口から飲みはじめ、感覚を麻痺させる飴色の液体が、体の深いところ、下のほうへ下のほうへ重く沈殿していく。最弱音まで降りていく。そうやってなお美しい。

低音のしまり、中音のふくらみ、高音のかがやき。円やかで、ギスギスしない、ソプラノのコロラトゥーラのような軽やかな節回し。技巧を追いかけても人肌の温もりを保つ。私はファウストをブラームスの室内楽を収めた録音でしか聴いていなかったから、この演奏には本当に驚いてしまった。やはり録音では演奏家の真価はわからないものだな。弦5部は12-10-8-6-4。

ブルックナー7番。デプリーストはたいへん折り目正しい演奏という印象。fffの総奏でも余白を残す。「私のつくりたい音楽はわかっていますね?」「はい、もちろん!」。そういう指揮者とオーケストラの信頼感を感じた。それが魂を持っていかれるような感動につながるかといえば、また別の話ではあるが。

あまりnitpickingをしたくはないが、都響の金管セクションの人たちは、ステージに上がる以上、本当に、もうちょっと、がんばってほしい。聴くほうも精進しますから。

ブルックナー苦手克服シリーズの第4ラウンド。今年はこれで最後。弦5部は16-14-12-10-8。


(ファウストのアンコール曲。会場で掲出された「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番第3楽章」は誤り。サントリーホールのサイトでも訂正されています。)

2009-11-19 - エリアフ・インバル;東京都交響楽団、半田美和子

2009/12/21(Mon)
ライヴ - クラシック | trackback(0) | comment(0) |










ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://wooblog.blog13.fc2.com/tb.php/304-614f3415


トップへ

プロフィール

Woo

最近の記事
カテゴリー
シンプルアーカイブ
ブログ内検索
Twitter

QRコード

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。